卒業率と学費の関係

今は就職のために、大学より専門学校を選ぶ人も増えていると言われています。しかしどこの専門学校でも就職率が高いとは言い切れないのが現実。実際には学費と就職率とは、とても深く関係しているところがあります。もちろん本人次第、本人の努力も当然必要ですが、やはり学費がある程度高い専門学校では、企業にとって安心できるだけのカリキュラムを設けていると考えられます。そこで、企業側でも専門学校の卒業生を安心して採ることができるのです。

つまり企業側では○○専門学校で、このぐらいの成績の卒業生なら即戦力として安心だという目安が立ちます。逆に本人は一生懸命勉強しても、企業が△△専門学校では教育がずさんだから、成績が良くても△△専門学校からは取りにくいということも現実。つまり授業内容、カリキュラム、資格取得など専門学校によって大きな差があり、それが就職率にも学費にも関係してしまうのです。

そのため就職率の高さを期待するなら、就職率の高い専門学校を選ぶこと。そして一生懸命能力を身に付けること。この2つが、専門学校で有利に就職をしていくために重要なことなのです。学費との関係も、やはりある程度仕方ないことであり、これが現実と受け止めることも大切ではないでしょうか。

参考サイト【大原学園】