自己努力が重要

せっかく就職率の高い専門学校に入学したとしても、やはり自己努力がとても重要です。大学のように専門学校の試験は厳しくなく、ある程度のお勉強をしておけば入学はできます。しかしこれは逆に考えると、あとは自分次第ということになるのです。大学の場合は卒業をすれば、一応大学のお墨付きということで、大学のネームバリューも就職に関わってきます。もちろん専門学校でもネームバリューはありますが、やはり本人の実力が重要です。

つまりどのぐらい専門の勉強をしているのか、どのような資格を持っているのかなどを重要視されます。そこで成績と資格はある程度しっかり意識しておくことがおすすめ。そのため大学に入学した人より、より勉強をすることが有利な就職につながります。

どうしても高校を卒業するとやはり大学生になっても専門学生になっても、つい気が緩みます。しかし大学生とはまったく違うという意識をしっかりもつことで、大学を卒業した人より有利に就職ができることにもつながるのです。企業が本当に求めているのは即戦力になる新人であり、そのためにはしっかりとした専門技術や専門の訓練をしている専門学生は、企業からしても是非欲しい人材なのです。

卒業率と学費の関係

今は就職のために、大学より専門学校を選ぶ人も増えていると言われています。しかしどこの専門学校でも就職率が高いとは言い切れないのが現実。実際には学費と就職率とは、とても深く関係しているところがあります。もちろん本人次第、本人の努力も当然必要ですが、やはり学費がある程度高い専門学校では、企業にとって安心できるだけのカリキュラムを設けていると考えられます。そこで、企業側でも専門学校の卒業生を安心して採ることができるのです。

つまり企業側では○○専門学校で、このぐらいの成績の卒業生なら即戦力として安心だという目安が立ちます。逆に本人は一生懸命勉強しても、企業が△△専門学校では教育がずさんだから、成績が良くても△△専門学校からは取りにくいということも現実。つまり授業内容、カリキュラム、資格取得など専門学校によって大きな差があり、それが就職率にも学費にも関係してしまうのです。

そのため就職率の高さを期待するなら、就職率の高い専門学校を選ぶこと。そして一生懸命能力を身に付けること。この2つが、専門学校で有利に就職をしていくために重要なことなのです。学費との関係も、やはりある程度仕方ないことであり、これが現実と受け止めることも大切ではないでしょうか。

参考サイト【大原学園】

専門学校を選ぶ

最近は大学を出ても、なかなか思ったような仕事を探すことができないという時代、専門学校を選ぶ学生も増えています。専門学校の魅力はやはり卒業すると即戦力となることではないでしょうか。そのため雇う側にとっても、専門学校卒業生はとても使いやすく、欲しい人材がたくさんいるという認識を持っています。当然専門学校生の就職率はとても高く、そして多くの専門学校の卒業生が社会の第一線で活躍しているのも現実です。

しかしたくさんある専門学校の中から、自分にあった学校を選ぶことも重要。まず無許可校と許可校がありますが、どちらがどうだとも言い切れませんが無許可校の場合は、通学定期割引や奨学金制度も使えないことがほとんど。また大学への編入制度などもないので、もし大学に入りたいと思ってもうまく編入することができません。また就職の場合も、有利な許可校を選ぶ方が無難ではないでしょうか。

また専門学校によっては同じような系統の学部であっても、授業のカリキュラムなどにも違いがあります。そこで自分の勉強したい学部の授業内容、資格取得などの状況もしっかりチェックしましょう。特に学校からパンフレットを取り寄せて幾つかの学校を比べてみると、自分の勉強したい学部が強みの学校、弱い学校なども見えてくるはずです。ただし専門学校の場合、大学のようにネームバリューより実力です。例えば資格の有無なども関係します。つまりしっかりした勉強のできる学校を選び、しっかりスペックを積み上げることが重要なのです。